地域力

地域の様々な課題を、住民や企業などが共に解決する力。阪神淡路大震災の救助活動などで、市民が大きな役割を果たしたのを機に、防犯や福祉といった多くの分野で重要視されるようになった。

地域とマンション等の連携で「地域力」を高めよう!

広報東京都6月版より〜
都内の侵入窃盗や13歳未満の子どもへの強制わいせつなどの犯罪の約45%が、マンション等の共同住宅で発生しています(17年調べ)。
東京都では、共同住宅の居住者、町会や自治会等の地域力の向上を図るため、5つのモデル地域を選び、区市町村や警察署と連携して、地域防犯活動を支援します。

≫ 「地域とマンション等の連携で「地域力」を高めよう!」の続きを見る

自主防災組織

地域住民による自主的な防災組織。阪神大震災をきっかけに増加した。町内会単位で設けられる例が多く、ふだんは防災訓練や地域の巡回などを行い、大規模災害時には初期消火や被災者に救出、避難誘導、炊き出しなどにあたる。03年4月現在、2536市区町村に10万9016の自主防災組織があり、全世帯の61.3%をカバーしている。

墨田区は、区内164の町会・自治会ごとに防災マップを

朝日新聞16年2月17日付によると、墨田区は、区内164の町会・自治会ごとに防災マップを作り全戸配布する。

≫ 「墨田区は、区内164の町会・自治会ごとに防災マップを」の続きを見る

兵庫県淡路島、北淡町の町内会長の活躍

朝日新聞のシリーズ「芽ばえる地域のきずな 大震災 人とくらし」第4回記事で、兵庫県淡路島、北淡町の町内会長の活躍とそのコメントが紹介されています。

≫ 「兵庫県淡路島、北淡町の町内会長の活躍」の続きを見る

「災害時要救援者登録台帳」の整備率が、県庁所在地など全国の主要都市の約15%

朝日新聞18年1月29日付によると、地震や風水害などの災害時に支援が必要な高齢者や障害者を普段から把握しておくため、国が市町村に作成を求めている「災害時要救援者登録台帳」の整備率が、県庁所在地など全国の主要都市の約15%にとどまっている。

≫ 「「災害時要救援者登録台帳」の整備率が、県庁所在地など全国の主要都市の約15%」の続きを見る

個人情報保護法への過剰反応が「地域力」をそいでいる現状 その2

読売新聞の平成17年10月5日付では、シリーズ「異議あり匿名社会」として個人情報保護法への過剰反応が、麗しい地域社会の様々な場面に影を落としつつある現状を、憂いを持って綴っている。

≫ 「個人情報保護法への過剰反応が「地域力」をそいでいる現状 その2」の続きを見る

個人情報保護法への過剰反応が「地域力」をそいでいる現状

読売新聞の平成17年10月5日付では、シリーズ「異議あり匿名社会」として個人情報保護法への過剰反応が、麗しい地域社会の様々な場面に影を落としつつある現状を、憂いを持って綴っている。

≫ 「個人情報保護法への過剰反応が「地域力」をそいでいる現状」の続きを見る

有事の際の民間防衛、必要あれば町内会で作る自主防災組織などにも協力を。

毎日新聞平成16年2月13日付によると、民間防衛は有事の際に避難する住民の誘導、被災者への食品・生活必需品の提供、緊急物資の輸送などに非軍事の要員が携わる活動を言う。国民保護法案では、民間の自主防災組織を協力要請の対象とした。自主防災組織の多くは自治会や町内会と重複しており、全国で約11万組織、2674万人が参加している。普段は防災訓練や巡視活動などを実施し、災害時は初期消火や負傷者救出、住民避難誘導などに当たっている。

政府広報/個人情報の保護と利用のバランスが大切です。

18年6月14日、主要各紙に内閣府より政府広報が掲載されました。具体的事例をあげて名簿類の作成、配布ができることが明示されました。

≫ 「政府広報/個人情報の保護と利用のバランスが大切です。」の続きを見る

個人情報保護法「15省庁で運用見直し」へ

朝日新聞18年3月1日記事によると、15省庁で構成する個人情報保護関係省庁連絡会議は情報提供を不必要に抑制する「過剰反応」について対策を話し合い、改善のため、内閣府が解釈や基準を明確化することなどを申し合わせた。

≫ 「個人情報保護法「15省庁で運用見直し」へ」の続きを見る

個人情報保護の「過剰反応」対策

2年前に個人情報保護法が全面施行されてから「学校の同窓会名簿や電話連絡網が作れなくなった」といった過剰反応による弊害が出ている。

≫ 「個人情報保護の「過剰反応」対策」の続きを見る

広報東京都第737号「地域のくらしと個人情報Q&A」

個人情報保護法の趣旨と、町会や自治会など地域社会の名簿の作成時のポイントなどわかりやすく説明されてます。

≫ 「広報東京都第737号「地域のくらしと個人情報Q&A」」の続きを見る

東京都が町内会・自治会の活動を直接応援

「地域の底力再生事業助成」
新しい地域の取組に100万円の助成金
〜東京都が町内会・自治会の活動を直接応援します〜

≫ 「東京都が町内会・自治会の活動を直接応援」の続きを見る

「町名表示プロジェクト」地域性が薄れた町名に不満

旧渋川市中心街では合併前まで、正式な住所表記に町名がなく、住民らは21の自治会名を便宜的に使用してきたが、合併ですべてが「渋川市渋川」となり、「場所の特定ができない」などと不満が続出していた。

≫ 「「町名表示プロジェクト」地域性が薄れた町名に不満」の続きを見る

「青パト隊」で地域の安全守れ!

千葉市美浜区の自治会「幸町1丁目町内会」が青パトを購入。地域の安全は地域で!

≫ 「「青パト隊」で地域の安全守れ!」の続きを見る

大阪府公表。最悪の場合死者数は阪神大震災の二倍も!

大災害時には、地域が頼り。町内会単位の「自主防災組織」の重要性に言及している。

≫ 「大阪府公表。最悪の場合死者数は阪神大震災の二倍も!」の続きを見る

高齢者に保険付きの反射材を配るキャンペーンの実施

日が落ちる直前の薄暗い時間帯は歩行中の高齢者の死亡事故が多い。
事故予防のため、シールの反射材を自治会、老人クラブから配布予定。

≫ 「高齢者に保険付きの反射材を配るキャンペーンの実施」の続きを見る