「過剰反応」対策閣議決定

朝日新聞 08年04月25日によると
政府は25日、個人情報保護に関する基本方針変更案を閣議決定した。
個人情報保護法施行後の「過剰反応」があることを明記、対策として積極的な広報・啓発活動のほか、適切な解釈と運用を求めた。

変更方針は「社会的な必要性があるにもかかわらず、法の定め以上に個人情報の提供を控えたり、運用上作成可能な名簿の作成を取りやめたりするなど、いわゆる過剰反応が生じている」と明記。

投稿者 文洋株式会社 : 2008年4月26日 18:23