会の活動活性化、加入率アップにホームページを

08年6月22日朝日新聞東京版「東京川の手」より
品川区が、タイトルの目的のために区中小企業センターでパソコンの実技指導の講習会を開いたそうです。ホームページの基礎知識、写真の圧縮、文字や写真のアップロードなど学んだようです。

すでにホームページを開設している平塚二丁目町会の担当者は「新しいマンションの建設・販売会社や転入してきた人に加入を呼びかけるとき、活動内容をわかりやすく伝えられるようになり、非常に役立っている」とのコメントも掲載されています。

各地で町内会・自治会のホームページ運営に対する行政の支援があるようですが、実際のところはまだまだ「活用されている」といえる例はごく少ないようです。

原因は、ホームページそのものへの理解不足、自主運営の意識の不足などが基本にあるようですが、やはりホームページ担当者への金銭的及び時間的な負担が大きいようです。

また、町会・自治会のホームページはわかる人たちだけの自己満足であってはいけません。だれも参加でき定期的かつ継続的に運営されなければなりません。やはり町内の「できる個人」に一切を委ねている現状は将来問題になることが考えられます。(何らかの問題があり、運営の中断や閉鎖に追い込まれるケースが全国に散見されます。)

是非、『町会いんふぉ』をご利用ください。
唯一の町会・自治会ポータルサイト「町会いんふぉ」は、地域力アップにかならず貢献いたします。

投稿者 文洋株式会社 : 2008年6月23日 11:45