自治会活動も高齢者対応を

08年7月16日朝日新聞の投稿欄にタイトルの見出しで、千葉県八千代市に住む70代の男性の意見が掲載されていました。
 高齢化により状況が変わり、自治会活動も変化が必要なのではないかという問いかけです。行政も同じ目線での対応が必要とも訴えています。


 自治会の班長会議があり出席した。約30年前にできた住宅地で、役員をしていた5年ほど前より一段と高齢化が進んでいる。体調不良や要介護の家族がいて、役員や班長が引き受けられないので、自治会を脱退したいとの声があることが話題になった。
 毎月3,4回実施する防犯パトロールの打ち合わせだったが、以前のように住民が足並みをそろえるのは難しい。介護などを抱えているのが隣近所の現実で、自治会は今後何をテーマに活動するかが大事になる。
 集金や配布物などはかなり整理されてきているが、掲示板の活用などで班長らの役務の合理化がさらにできたらいいと思う。自治会としては、高齢者の支援やコミュニケミーションの場の提供などがが新たなテーマになる。
 自治体は自治会の組織率が気がかりのようだが、住民の年齢構成の変化に合わせてどんなサポートが必要なのかを探り、新しい視点で役所も対応してほしい。

意見にもありますが、自治会役員の役務の合理化、コミュニケーションの場の提供など、弊社の提供するサービス『町会いんふぉ』を是非ご活用ください。現在参加町会・自治会は、約150。

必ず新たな町会・自治会活動の一助となります。

お気軽にお問合せください。

投稿者 文洋株式会社 : 2008年7月22日 10:42