熱狂から3年~状況はますますひどく~

08年11月14日朝日新聞に
「いま思う 熱狂から3年」の記事が掲載されている。

この記事は、小泉旋風が吹いた前回の総選挙から3年を経て、
生活がどう変わったのか、各方面をレポートしているシリーズです。


この記事に、区部に住む81歳の男性の紹介がされている。

数年前にこの男性の近所で70歳代の独り暮らしの男性が「孤独死」したことに対し、
「地域の交流があれば助かったかもしれない」と後悔していると。

この男性は、住民が支えあうことで地域はよくなるとの思いで、
長年ボランティア活動に参加し、町内会会長も8年間勤めたという。

≫ 「熱狂から3年~状況はますますひどく~」の続きを見る

社保事務所の「個人情報保護」とは?

08年11月8日朝日新聞夕刊記事より
70代の夫婦が金融取引にからむ損害賠償訴訟を起こした際、
「東京地裁」が「新宿社会保険事務所」に求めた被告側の住所不明者の
調査嘱託を「新宿社会保険事務所」が拒否したという。

裁判所が必要な調査を官庁に対し嘱託することは、
民事訴訟法で認められている。

社会保険庁は公的責任を負わないばかりか、
同庁の「個人情報保護管理規定」が誤っているのは明らかになった。

この件で提訴された社会保険庁は、一連の不祥事と共に
その体質及び思考回路を一新することが望まれます。

訴訟の代理人弁護士は
「行政によるプライバシーの拡大解釈だ」と批判しているそうです。

顔のわかる町会・自治会長のパンフレット

08年03月10日東京新聞に紹介された、
新宿区町会連合会作成のユニークなパンフレットが紹介されています。
⇒顔のわかる町会・自治会長のパンフレットのページ

≫ 「顔のわかる町会・自治会長のパンフレット」の続きを見る