赤十字奉仕団(曰赤)

赤十字の歴史
1864年に、スイスに誕生してから、世界178カ国に赤十字(赤新月社)が組織されています。災害等で傷つき苦しんでいる方々に手を差し伸べ、人々が平和を実現できるよう、幅広い活動を続けています。

日本赤十字社は、「日本赤十字社法」に基づき設置された特殊法人で、各都道府県に「支部」、区市町村に「地区」組織がおかれて、赤十字活動を担っています.赤十字奉仕団(日赤)は、地域で赤十字活動を支えるボランティアです。また、出張所、まちづくり出張所単位で、「分団」が組織されています。「すべての人々のしあわせをねがい、明るい、住みよい社会をきずきあげていくため、陰の力となって身近な奉仕に従事する」ことを活動の目的としています。その活動は、町会・自治会の区域から推薦された団員により支えられています。

赤十字奉仕団(曰赤)の活動
赤十字奉仕団(日赤)は、つぎのような活動を行っています。
○災害救護
  地域の防災訓練参加、災害見舞い品支給、災害救謹訓練・講習参加、家庭看護
  法講習会の開催、災害時帰宅困難者を支援する日赤エイドステーションの設置、日本赤十字社が行う救護事業への協力
○血液事業
   地域で行う献血事業、骨髄ドナー登録事
  業への協力
○社会福祉
   地域の社会福祉施設慰問
○赤十字活動資金募集
○地域行事への協力
   地域で開催される各種のまつりにも積
  極的に参加しています。

投稿者 文洋株式会社 : 2009年7月16日 11:50