荒川で水防訓練

「梅雨入りを控え 荒川で水防訓練」の見出しで、
平成22年5月20日付け朝日新聞に記事が掲載されていました。

19日に尾久八幡中学校グラウンドで行われた、
荒川区、尾久・荒川の両消防署などの合同の水防訓練の模様がレポートされています。

地元の消防団や町会も加わり、約190人もの人が参加したそうです。
訓練では、町会のメンバーがごみ袋に水を詰めて水嚢を作り、それを段ボールに入れて浸水を防ぐ方法を学んだとのこと。

日頃からの“準備”と“地域力”が大切です。

≫ 「荒川で水防訓練」の続きを見る