自治会で子育て

22年6月14日付け朝日新聞の特集コラム「こども・居場所編」に同タイトルで記事が掲載されていました。
記事によると、横浜市都筑区の高山自治会は、平均年齢が40歳。地域住民の8割、450世帯が加入している。同自治会は、子育て中の母親が中心、1995年発足だが役員任期は1年のため、すでに役員経験者は3割を占めるそう。今年度も14人の役員のうち、11人が子育て中の母親!仕事をしている人も多いため、定例会は日曜日。
今年の夏祭りの担当役員の田中さん(39)は「たいへんですが、去年までは『お客さん』としてお世話になったので、頑張らなきゃ」と。
その他、役員のお子さんの心あたたまるエピソード「怪我したときに助けてくれた、コンビニのおじさんやお兄さん」の話しや、「キャッチボールをしてくれた近所のおじさん」が紹介されています。

≫ 「自治会で子育て」の続きを見る

36年分、快適生活をさぐる

平成22年6月1日朝日新聞記事より。
「団地会報が一冊に 36年分、快適生活をさぐる」の見出しで記事が掲載されています。
東京都北区の豊島五丁目団地の自治会(約5000世帯)が、36年間刊行し続けている会報「かたつむり」の74年7月の創刊号から今年2月に出した198号までをまとめ、合本を6部作制したとの事。
高度成長期にできた多くの大型団地は現在、高齢化に直面しているが、会報が取り上げてきた家賃の問題などを振り返り、今後いかに快適に団地に住み続けるかを探るのが目的。
現在の入会率は55%、発足当初の80%から大幅に低下。

高齢者の孤独死もあり、各号棟の自治会員が見回りを行い予防策をとっているが、自治会員以外はプライバシーの問題で難しい
という。

≫ 「36年分、快適生活をさぐる」の続きを見る