高齢者見守りに「ポイント」

23年2月10日付け朝日新聞記事より
中野区は2011年度に「高齢者世帯を地域で見守る」活動を強化するため、商品券と交換できるポイント制度を新たに導入する。同時に「二酸化炭素の削減」、「地元商店街での買物」にも同様のポイント制度を活用し、三つの相乗効果で地域活動や経済の活性化を図るという。

そのうち「見守り活動の強化」に向けては11年度、区内の単身や夫婦だけの高齢者世帯などを対象に住所、氏名、年齢、性別を記した名簿を本人の同意を得て作成する。
新たに導入する「地域支えあいポイント」は、見守り活動に取り組む町会や自治会に名簿を提供。訪問や防犯パトロールなどの活動に対し、ポイントを交付する仕組み。

投稿者 文洋株式会社 : 2011年2月11日 14:43