避難所閉鎖 明日が心配

平成23年9月1日付け朝日新聞に同見出しで記事が掲載されています。
岩手県では、8月31日、避難所がほぼ閉鎖。福島県でも最大規模の避難所が閉じたという。仮設住宅や賃貸住宅に移ってバラバラになる被災者の孤立化をどう防ぐのか。
「ビッグパレットふくしま」では、避難所の運営に携わった有志らが「ふくしま被災者支援ネットワーク」を設立。伊豆・三宅島の全島避難時にイベントや島民の連絡先名簿を配って絆をつないど取り組みを参考に、被災者への支援を続ける予定。
災害復興に詳しい室崎益輝関西学院大教授は、

「自治会を積極的につくり、コミュニティーの力で住民を見守る活動が必要。保健師やボランティアらで何重にも支援の輪をつくり、孤立を防ぐ仕掛けが必要ではないか」
と指摘。
%E7%B5%86.jpg

投稿者 文洋株式会社 : 2011年9月 2日 15:42