何かお役に立ちたい

平成24年2月の新聞記事に同見出しで記事が掲載されていました。
投稿者は、千葉県船橋市の63歳の町内会長さん。

高齢化と単身世帯の増加で、町内会の役員の人選が難しい状況・・。
特別な解決方法はなく、粘り強く誠意を持ってお願いすることだと。

引き受けてくれた後、はつらつと任務に当たってくれているのを見ると、会長こう思うといいます。

人は面倒なことはやりたくないという一方で、何か人様のお役に立ちたいという心も持ち合わせているのだろう。

この会長さんは、町内会の運営に当たり心がけていることがあるといいます。

一、各種の情報の共有
一、理解を得る丁寧な説明

町内会の役割が一層重要になってきている現代。これからの時代にマッチした町内会のあり方を皆で考えてみませんか。

120228paper.jpg

投稿者 文洋株式会社 : 2012年2月28日 14:52