町内会のススメ〜あなたの知らない町内会の世界/柏市

柏市の広報に注目!
こんな楽しい広報は見たことありません。

親しみやすい四コマ漫画とイラストが素敵です。
町会活動の紹介や入会の案内に参考にしたいですね。

是非、一度ご覧ください!

柏市秘書広報課編集の広報かしわNo.1476
「町内会のススメ」、「あなたの知らない町内会の世界」

20150303kashiwashi.jpg

≫ 「町内会のススメ〜あなたの知らない町内会の世界/柏市」の続きを見る

町会・自治会の活動を支援します!

東京都は、地域活動の担い手である町会・自治会が行う取り組みを支援するため、事業助成を行っています。

katudoshien.jpg

詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。
⇒地域の底力再生事業助成

地域社会の再生へ 足立区が「推進部」

平成23年1月29日付け朝日新聞「東京川の手」面より
足立区は地域コミュニティが衰退しつつあるとみて、地域社会を再生させるため、行政の関与が必要と判断し、4月から「地域のちから推進部」を新設すると発表した。
新年度は、区が行ってきた高齢者向けの折り紙やフラダンスなどの講師を、高齢者施設や区立小学校に派遣することを促す。翌2012年度には、町会や自治会を支援する区民部区民課や、老人館や児童館などを管理する同部住区推進課を、地域のちから推進部に統合する予定。

≫ 「地域社会の再生へ 足立区が「推進部」」の続きを見る

火災報知器の義務化 普及のカギは、「ご近所力」

平成20年6月 朝日新聞コラム「もっと知りたい!」に「広がる火災警報器の義務化」“死者減を期待、普及急ぐ”の見出しで各方面の話題が掲載されました。

 我孫子市消防本部は警報機設置に困難がある方に、地元のNPOを紹介しているそうです。NPO代表者の言葉も紹介されています。
「一般の業者に頼むと、本体と同じくらいの取り付け費がかかる。一人暮らしのお年寄りには痛い出費だ。『そんなにかかるんじゃ、罰則もないし、やめよう』となる。でも警報機が一番必要なのはそういうお年寄り。隣近所でちょっと手伝ってあげれば、それが一番いいんだけどね」。
同NPOは、我孫子市周辺では交通費500円だけで取り付けるという。

 茨城県大子町では消防団の有志が警報機の業界団体と交渉し、3600世帯分、4800個を共同購入したという。値段も一個約3千円となったとのこと。尚、取り付けは消防団員が無料で引き受けるという。


総務省消防庁は地域の活動例を集めて紹介することで、地域ぐるみの防火活動を促していくという。

くらしの中の個人情報について皆で考えてみよう!

東京都生活文化局が平成19年3月に発行した「地域のくらしと個人情報」をご紹介します。
町会等の地域社会における個人情報の取扱いについて、詳しく書かれてます。



地域とマンション等の連携で「地域力」を高めよう!

広報東京都6月版より〜
都内の侵入窃盗や13歳未満の子どもへの強制わいせつなどの犯罪の約45%が、マンション等の共同住宅で発生しています(17年調べ)。
東京都では、共同住宅の居住者、町会や自治会等の地域力の向上を図るため、5つのモデル地域を選び、区市町村や警察署と連携して、地域防犯活動を支援します。

≫ 「地域とマンション等の連携で「地域力」を高めよう!」の続きを見る

政府広報/個人情報の保護と利用のバランスが大切です。

18年6月14日、主要各紙に内閣府より政府広報が掲載されました。具体的事例をあげて名簿類の作成、配布ができることが明示されました。

≫ 「政府広報/個人情報の保護と利用のバランスが大切です。」の続きを見る

広報東京都第737号「地域のくらしと個人情報Q&A」

個人情報保護法の趣旨と、町会や自治会など地域社会の名簿の作成時のポイントなどわかりやすく説明されてます。

≫ 「広報東京都第737号「地域のくらしと個人情報Q&A」」の続きを見る

東京都が町内会・自治会の活動を直接応援

「地域の底力再生事業助成」
新しい地域の取組に100万円の助成金
〜東京都が町内会・自治会の活動を直接応援します〜

≫ 「東京都が町内会・自治会の活動を直接応援」の続きを見る